死亡保険いくら必要?旦那と妻の必要額をシュミレーション!!

旦那・妻が死んでしまった時に

生活費は足りるの?足りないの?

主婦
主婦

もし、旦那が死んでしまったらお金のことは、どうなるんだろう?

大黒柱
大黒柱

もし、妻が亡くなったら、子供の事はどうなる?

もしあなたの旦那さんや奥さんが亡くなった時、お金のことはどうなるのでしょうか。

国からの保障(遺族年金)もあるのでそれをふまえて解説していきます。

 

 

遺族年金って?国の保障はどの位あるの?

遺族年金とは?

旦那さんか奥さんが亡くなったときに残された家族が、国から受け取る事が出来る年金のことです。

 

カナリン
カナリン

どんな人が遺族年金を受け取れるのか確認していきます。

注意しないといけないのが、すべての人が受け取れる訳ではないんです!

確認項目は2

  • 自営業の場合(遺族基礎年金)
  • 会社員の場合(遺族基礎年金と遺族厚生年金)
カナリン
カナリン

遺族年金は上の2つの項目から、受け取れる金額や何も受け取れないのかが決まってきます。

 

 

自営業の場合

1.亡くなった人が自営業で子供が居ない時

カナリン
カナリン

残念ながら遺族年金は、一切受け取れません

2.亡くなった人が自営業で子供が18歳以上の時

カナリン
カナリン

残念ながらこれも遺族年金は、一切受け取れません

3.亡くなった人が自営業で子供が18歳未満の時

カナリン
カナリン

遺族年金を、受け取れます。

 

 

子供が1人の場合は?

子供が18歳になるまで、年間104万円受け取れます

カナリン
カナリン

月になおすと約83,000円ですね!

 

 

子供が2人の場合は?

上の子供が18歳になるまで、年間122万円受け取れます

カナリン
カナリン

月になおすと約100,000円ですね!

上の子供が18歳になったら?

年間受け取り金額が、104万円に変わります。

 

下の子供が18歳になったら?

遺族年金は、一切受け取れなくなります。

 

 

 

子供が3人の場合は?

上の子供が18歳になるまで、年間130万円受け取れます。

カナリン
カナリン

月になおすと約108,000円ですね!

一番上の子供が18歳になったら?

年間受け取り金額が、122万円に変わります。

 

真ん中の子供が18歳になったら?

年間受け取り金額が、104万円に変わります。

 

一番下の子供が18歳になったら?

遺族年金は、一切受け取れなくなります。

カナリン
カナリン

自営業の人は遺族基礎年金と言う年金が受け取れるんです。

遺族基礎年金は、子供がいてなおかつ、子供の年齢が18歳未満の時のみ受け取れる年金です。

 

 

会社員の場合

カナリン
カナリン

亡くなった人が、会社員の場合は、遺族基礎年金遺族厚生年金の2つから受け取ることが出来ます。

遺族基礎年金は、自営業の人と仕組みや受け取れる金額は全く一緒です。

もう一つの遺族厚生年金について、説明していきます。

カナリン
カナリン

遺族厚生年金は、死んでしまった人の※月収によって受け取れる金額が変わってくるんです。

※月収とは?

初任給から、死んでしまった時の月収の平均を取ります。

これを「平均標準報酬月額」と呼びます。

 

例 初任給の時は、総支給額で月収18万円

亡くなった時は、総支給額の月収25万円の場合

平均標準報酬月額は、18万円+25万円÷2=約21万円といった感じです。

これは簡単な計算で本当は複雑な計算です。

 

遺族(基礎+厚生)年金の貰える金額の一覧表(月額)

平均標準報酬月額

子供は

いない

 

18歳未満の子供1人

18歳未満の子供2人 18歳未満の子供3人
20万 20,554円 104,270円 122,979円 129,212円
30万 30,831円 114,547円 133,256円 139,489円
40万 41,108円 124,824円 143,533円 149,766円
50万 51,384円 135,101円 153,809円 160,043円
60万 61,661円 145,378円 164,086円 170,320円
カナリン
カナリン

上の図を見ていただくと、月にいくら遺族(基礎厚生)年金が貰えるかわかりますね。

例 子供2人・平均標準報酬月額が30万の場合は?

毎月、13万円受け取ることが出来ます。

上の子供が18歳を過ぎると、受け取れる金額は、毎月11万円に変わります。

 

カナリン
カナリン

さらに、妻が40歳以上の場合は、子供がいない時でも受け取れるんです。

子供のいない妻が40歳以上の場合は?

年間58万円、受け取ることが出来ます。

カナリン
カナリン

月に直すと約48,000円です。

年間58万円は、65歳まで受け取る事が出来ます。

これを「中高齢寡婦加算」と言います。

カナリン
カナリン

ちなみに中高齢寡婦加算が貰えるのは女性だけですよ。

専業主婦
専業主婦

これで、月にどれ位の遺族年金が貰えるか分かりました!

 

 

遺族年金だけで生活できる?

カナリン
カナリン

じゃあ、実際に旦那さんや奥さんが亡くなったときにどの位、生活費がかかるか考えてみましょう。

遺族年金だけで足りそうですか?

大黒柱Aさん
大黒柱Aさん

妻が亡くなっても僕は仕事を辞めないし妻の分の死亡保険は必要ないかも!

専業主婦
専業主婦

旦那が亡くなっても子供の世話もあるし、バリバリ働くことは出来ないかも!

カナリン
カナリン

家庭によって、旦那さんや奥さんが亡くなった後、働けるのか、働けないのかはさまざまだと思います。

一度、考えてみて下さいね!

実際に例をあげていきます。

1.自営業で子供1人 生活費は月25万円

この場合、残された人が月に17万稼げなければ死亡保険が必要です。

 

2.会社員で子供はいない 生活費は月18万円 平均標準報酬月額30万

この場合、残された人が月に15万稼げなければ死亡保険が必要です。

 

3.会社員で子供3人 生活費は月35万円 平均標準報酬月額40万

この場合、残された人が月に20万稼げなければ死亡保険が必要です。

 

専業主婦
専業主婦

月に15万は稼げなくても10万くらいならパートで稼げそう!

カナリン
カナリン

その場合は、月に5万円分の死亡保険に入れば良いのです。

次に5万円分の保障はいつまで欲しいのか考えましょう。

専業主婦
専業主婦

老齢年金が貰えるまでは、保障が欲しいかな!

カナリン
カナリン

※65歳 - 自分の年齢(例 40歳) = 25年間

5万 × 12か月(一年分) × 25年間 = 1500万円の死亡保険が必要になる計算です。

※老齢年金が貰えるのは、今のところ65歳からだけど、将来は変わるかもしれません!

カナリン
カナリン

計算してみてどうでしたか?

ちなみに死亡保障を用意する方法は2つあります。

詳しくはこの記事を確認して下さい。

 

 

まとめ

死亡保険は、家庭によってかなり差があります。

基本的に、旦那さんも奥さんも正社員で収入がある程度あれば死亡保険は必要ない事が多いと思います。

専業主婦(主夫)で収入がなく、配偶者が亡くなってから働くことに不安があれば死亡保険に入ることをオススメします。

 

 

 

 

生命保険ランキングをチェック

 

 

 

 


保険ランキング

タイトルとURLをコピーしました